ZENファイナンシャルスクール

初心者から経験者まで基礎から学べる株式スクール

【朝の相場日誌】暴落は対応が大事、「まずは焦らないこと」

約 2 分
【朝の相場日誌】暴落は対応が大事、「まずは焦らないこと」
おはようございます。

米国市場

 

NYダウは1031ドル安と大幅下落。

急落しています。

コロナウィルスによる世界経済への影響が懸念されています。

特にユナイテッドヘルス、アップル、ボーイングの下げが大きいですね。

これまでの株価位置からすると懸念だけでなく、利益確定も重なり売りが売りを呼んでいる状況です。

 

2月の月足は陰線になり、週足は13週線を割り込んでしまいます。

 

 

 

18年10月の下げと同じパターンにることも想定しておきます。

13週線を割り込む形になります。

数カ月の調整に入りそうです。

 

 

 

日本市場

 

日経平均先物は1122円安と大きく下落しています。

22,200円付近から始まりそうです。

昨日の上海の下げ幅と比較すると、売り幅が大きいです。

 

日経平均の月足を見ると陰線になります。

2月末という時期もあり、重たくなりそうです。

連休明けに、目先のレンジ下限の23000円を下離れてしまいます。

寄付きから30分ぐらいは投げ売りが強くなります。

その後、リバウンドは少しあると思いますが、1発目の下げなので価格が不安定で乱高下します。

新規の仕掛けは慎重に。

余談ですが、日経平均の下落が一般ニュース番組で特集されるようになると、一時的な底に近いです。

 

ZENFS会員の皆様のブログには、「注意点」と「今後の対応策」について、記載しています。

ピンチをチャンスに変えていく努力していきましょう!!

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE