ZENファイナンシャルスクール

初心者から経験者まで基礎から学べる株式スクール

5月29日(水)日経平均の値動きから考えること

5月29日(水)日経平均の値動きから考えること

5月29日水曜日の日経平均終値は21,003円と256円安となりました。

 

昨晩の米国市場の下落を受けて日経平均は3桁の下落となっています。

5月14日の下落後、下げ幅の半分である21,500円付近まで戻すことができず、高値を徐々に切り下げてきました。

 

米中貿易摩擦の激化に伴い、下期業績予想に対する不安感が払しょくされずにいます。

また、EU議会もポピュリズムが台頭しだしており、為替がやや円高傾向になりつつあります。

 

日本の株式市場にとって、逆風が強まっている状況です。

日銀の買い支えはありますが、相場全体にエネルギーが不足しています。

 

また、米国市場では10年債利回りが2.3%を割り込んでおり、米国も景気減速が始まってきているようです。

決算発表も終わり、材料不足であるため、上値はいよいよ重たくなってきそうです。

 

このように相場環境が悪いなか、個別銘柄への期待は強弱があるようです。

強弱を読み解くためにも、パターン分析できる力が必要になってきますね。

 

 

 

5月29日(水)市況

 

 

  • 日経      21003.37円     ‐256.77円
  • マザーズ        920.59      ‐98
  • ジャスダック    3362.91   ‐15.50
  • 日経平均VI(ボラティリティ・インデック) 18.49  +0.81
  • 為替 109.20

 

 

本日のS高 4社

  • 2144 やまね
  • 2586 フルッタ
  • 5724 アサカ理研:中国レアアース対米輸出規制報道
  • 6195 ホープ:上方修正を好感
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE