ZENファイナンシャルスクール

初心者から経験者まで基礎から学べる株式スクール

【朝の相場日誌】日本市場はデフレマインド

200 views
約 4 分
【朝の相場日誌】日本市場はデフレマインド

おはようございます。

NYダウは390ドル下落し、24,206ドル。

また、NASDAQ、S&Pは小幅下落となりました。

 

昨晩は、米モデルナがCOVID19のワクチン開発で有効な抗体を獲得できたと発表したことから、大幅上昇となりましたが、ロイターは米モデルナのワクチン治験データは有効性を示すには不十分と報道されています。

〇米モデルナ、ワクチン治験データは不十分(ロイター)

 

 

これを受けて、モデルナは10%下落しており、昨日の上昇を打ち消す形に。

モデルナ株は2月以降上昇しており、4倍になっていました。

昨日の上昇がピークとなりそうです。

 

数カ月上昇後に大きく跳ね上がっった際に、材料が出た場合は、およそフィナーレになることが多いですね。

これは特に「バイオ系銘柄」の場合は、壮絶なババ抜きになることがあるので、注意しておきましょう。

 

ワクチン期待で上昇していたため、NYダウの下げ幅が大きく、ボーイングや金融株が売られています。

ハイテク株は小幅な値動きとなっています。

 

 

昨日のコメント

「COVID19へのワクチン開発への期待、実経済の落ち込み。

時間と共に、株価には業績が反映されてきます。

しっかりと、企業成長の内容を考えて、時間軸を検討していきましょう!」

 

 

ワクチン開発の話は米中間で開発競争が激しいため、「誤報」も飛びやすい状況です。

COVID19の情報で振り回されにくい、5Gやハイテク株は引き続き注目されそうです。

 

〇ワクチン開発、米中攻防(日経新聞)

 

 

日経平均先物について

 

昨日は、夜に米国株が上昇したことを受けて、20,680円を付けましたが、反落しています。

20,500円の壁は厚く、CME225の終値は20,375円でした。

 

〇金曜日の朝のコメント

「20,000円~20,500円のレンジで、時間調整後に下げに転じるのかなとみています。」

 

〇月曜日のコメント

「20,600円付近は、前回の高値付近ということもあり、抵抗帯になりやすい株価位置です。

先週の個別銘柄の売りポジションは戻りは限定的だとみています。」

 

上値は重たいようですね。

これまで売り込まれていた銘柄に買い戻しが入っていましたが、全体相場をけん引するような大手が日本市場には不在なため、日銀の買い入れによる買い支えが相場となっています。

 

つまり、下値は固いが高くなっても、まだ上がるから買うといった「インフレ(物価上昇)」マインドにはなっていません。

株式市場は「デフレ」マインドになっているようですね。

一方で、金融緩和や政府支援のお金がジャブジャブになっているのは、確かです。

これらのお金がどのような設備投資に向くのかを考えています。

〇中小企業に資本注入 数百社に500億円規模(日経新聞)

 

原点に回帰して、業績や成長性を見定めて、投資先がどこに向かうのか、それとデフレマインドになっている分野は株価は徐々に頭打ちに。

こののバランスを取って「ポジション」を作っていきます。

引き続き、チャンスに備えていきましょう!

 

本日の相場もZEN力で!

 

 

〇本日の決算発表

 

ピークを過ぎて少なくなってきました。

 

・島津製作所

・TDC

・三谷セキサン

・ソラスト

・日本ピラー

・多摩川HD

・アズビル

・バンダイナムコ

 

 

本日の相場もZEN力で!

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE