ZENファイナンシャルスクール

初心者から経験者まで基礎から学べる株式スクール

9月19日(水)今日の相場日誌 米国0.25%利下げ

9月19日(水)今日の相場日誌 米国0.25%利下げ

おはようございます。

18日(水)米国市場は、小幅な値動きとなりました。

 

 

米国連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%の利下げを決定。

発表前に下げていましたが、利下げ発表後に買い戻されたようです。

 

なお、FRB当局者の見通しでは、金利が2020年を通じて新たなレンジでとどまるとみていると報道されて、追加利下げは見送られそうです。

 

米国企業のニュースとして、宅配大手のフェデックスが約13%下落。

一株当たりの利益が、16~29%減少する見通し。

アマゾンとの陸上配送契約打ち切りが響いているようです。

 

ちなみに、アマゾンがテクノロジーを使って、配送を自社で行う取り組みには注目しています。

 

現在のNYダウのチャートは、7月の高値付近まで上昇してきていたこともあり、株価は重たくなる位置です。

NYダウの週足をみると27,000~26,700ドルくらいまでは調整の範囲内です。

 

 

株の基本は「良い企業の値上がりを狙う。」

この方針がブレないようにすることが大切です。

 

引き続き、良い企業探しをしていきましょう。

 

 

「ピックアップニュース」

リンク先:日経新聞

日経平均先物について

為替が108円台へと円安に振れたことや米中貿易交渉の進展に期待感により、日経平均は9月に入り大きく回復しています。

 

7月から8月にかけての21,000円~20,000円のレンジから一段上がり、22,000円~21,000円に入ったとみておこうと考えています。

 

金曜日から昨日にかけて、22,000円のレンジ上値付近で横ばいが続いています。

企業は、1Qで円高シフトを組んでいるため、業績に対する再評価はでていますが、そこからさらに加速する材料が不足しているようです。

 

好調な日経平均と比べ、マザーズは比較的弱含んでいます。

特に昨日は、個別銘柄は利益確定のような値動きが多かった印象です。

個人投資家の投資意欲は、日経平均ほど回復していないようです。

 

どこに期待をもって株を買うか。

銘柄を絞り込んで、投資をしないと難しい局面ですね。

 

資金管理をしっかりして、投資期間に注意して、攻めていきましょう!

 

今日から四季報チェックをしていきますw

 

それでは今日の相場もZEN力で!

ピンチはチャンス!

 

 

~メモ~

※日電産の為替設定105円(7月発表現在)

※トヨタの為替設定110円→106円に変更

 

【9月18日(水)米国市場】

NYダウ     27147.08ドル  前営業日比 +36.28

NASDAQ      8177.39    前営業日比 ‐8.62

S&P500       3006.73    前営業日比  +1.03

CME225(円建て) 21,910.00円  日経比 ‐51

ドル円 108.42

VIX指数    13.95
米国10年債利回り 1.7.9%

原油 58.25

フィラデルフィア半導体 1600.95

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE