ZENファイナンシャルスクール

初心者から経験者まで基礎から学べる株式スクール

個人投資家が勝つために必要な3つのこと

個人投資家が勝つために必要な3つのこと

個人投資家が勝つために必要な3つのこと

 

  1. 「継続すること」
  2. 「既視感を磨くこと」
  3. 「投資ストーリーを作ること」

 

1.「継続すること」

負けている個人投資家の多くは、相場環境が良く投資で利益が出ているときは、投資活動が活発になります。しかし、含み損が許容よりも少し大きくなった途端に投資意欲が低下し、株式投資で勝つことをあきらめてしまいます。

 

勝っている個人投資家は、当たり前のことですが、今でも株式投資を続けています。しかし、すべての投資で成功しているわけではなく、数多くの失敗をしています。

では、一方では損失が出たことによりあきらめ、他方では数多くの失敗をしながらも、結果として資金を増やすことができているのか。

 

その差は、投資計画と行動力にあります。

 

※初期の行動力は自信と比例してついてくることが多いため、しっかりと理解が深まってくると徐々に自信がついてきますので、ここでは解説は控えます。

 

投資計画には、投資する企業の成長性や現在の評価を分析することから始まります。

ここで大切なのは、利益を出すために最善を尽くすと同時に「撤退方法」を考えておくことです。

数回の失敗で資金がなくなってしまうような取引をしていては、投資活動を継続することはできません。

株式投資で利益を出し続けるためには、損失をコントロールすることが必須条件となります。

「撤退方法」を考えることは「投資する要因」をしっかり考えることにもつながり、投資計画がしっかりと立てられていることにもつながっています。

 

「厚みのある取引」

 

ZENFSでは「厚みのある取引」ができるようになることを目指して、基礎から学ぶことができます。

 

 

2.「既視感を磨くこと」

既視感とは、実際は一度も体験したことがないが、すでにどこかで体験したことのように感じる現象のこと。

 

既視感を磨くことにより、投資判断の質を高め、行動を素早くできます。

投資判断には主に3つあります。

  1. 企業への「投資する」判断。
  2. 投資が成功して「利益を確定する」判断。
  3. 投資が失敗して「撤退する」判断。

未来がどのようになっていくのか、全くわかりませんが、現時点で集めれる情報とこれまでの値動きや企業成長のパターンを活用することにより、既視感を高めることができます。

 

3.「投資ストーリーを作ること」

 

企業のどこに期待して投資をするのか?

企業成長のどこに期待しているのかを明確にして、売買を繰り返すことにより、投資判断は磨かれていきます。

物語と同じように、企業が成長するためのパターンはいくつかあります。

また、企業成長に対する投資家の期待感を表すチャートにもパターンがあります。

これらのパターンを重ねて分析することにより、厚みのある投資ストーリーを作ることができます。

 

 

カリキュラムの詳細はこちら

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE