ZENファイナンシャルスクール

初心者から経験者まで基礎から学べる株式スクール

5月24日(金)日経平均の値動きから考えること

5月24日(金)日経平均の値動きから考えること

5月24日金曜日の日経平均終値は21,117.22円と小幅安となりました。

先週に引き続き、下値は21,000が意識されているようです。

 

週足ベースで見てみると、10連休明けに13週線を割れて以降、2週間経過しても回復することができていないため、戻りは弱くなりそうです。

上値抵抗として考えられる価格帯は、21,500円付近。

4月から5月の下げ幅の半値戻りが約21,500円となっています。

 

今週の高値は21,430円で、価格帯が意識されているようです。

 

決算発表を終えて株価を突き動かす要因に乏しくなっています。

トランプ米大統領の訪日していますが、今回の目的はお祝いと話しています。

日程の間で、日米貿易に関する話題はなさそうですね。

 

米中貿易摩擦の懸念がどの程度で織り込むか、注目していきたいと思います。

来週もがんばっていきましょう!

令和元年5月26日大阪より更新

 

5月24日(金)市況

 

  • 日経      21117.22円     ‐33.92円
  • マザーズ        883.18      ‐0.72
  • ジャスダック    3359.15   ‐0.80
  • 日経平均VI(ボラティリティ・インデック) 18.56  +0.14
  • 為替 109.31

 

 

 

本日のS高 2社

 

  • 2144 やまね:24年3月期営業目標を600百万円とする中期計画を発表
  • 3370 フジタコーポ
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE